ホーム > 大学概要 > 教育情報の公表(法定事項) > 研究者(教員)情報

研究者(教員)情報

秋山 淳 (あきやま まこと)

職位 経済学部 准教授

学位 修士(中国言語文化)

学歴 2003年 九州大学大学院 比較社会文化学府国際社会文化専攻博士課程 単位取得満期退学

担当科目 中国語、基礎演習

所属学会 日本中国語学会 日本中国語教育学会 九州中国学会 日本認知言語学会 福岡認知言語学会 関西言語学会

専門分野 中国語学 中国語教育

研究業績報告書 2016年度研究業績(秋山淳)

主な研究テーマ 中国語の結果補語を用いた構文分析
現在、中国語母語話者が物事をどのように捉えて、記号化(言語化)しているのかを明らかにする研究に取り組んでおります。これは、文法は規則ではなく、母語話者の物事の捉え方を反映させたものであるという認知言語学という理論に基づく研究ですが、この考え方は中国語研究に有用であり、中国語の理解を助けると考えています。

私の授業 1,2年生のための中国語の授業を担当します。その他に、中国語演習dでは中国語検定対策も行います。

主な研究業績
  • 「動詞の有界性からみた中国語のアスペクト表現の“了”について―教学上の観点から」福岡大学言語教育センター紀要 第5号(2006年)
  • 「動詞+結果補語の使役義獲得について」九州中国学会九州中国学会報第48巻(2010年)
  • 「中国語教育において、予め整理しておくべきこと―結果補語をモデルとして」西南学院大学言語教育センター紀要 第1号(2011年)
  • 「推移とVR構文の捉え方」西南学院大学言語教育センター紀要 第4号(2014年)

  • ホームページ

    電子メール 非公開