ホーム > 大学概要 > 教育情報の公表(法定事項) > 研究者(教員)情報

研究者(教員)情報

川野 祐二 (かわの ゆうじ)

職位 下関市立大学 経済学部 教授

学位 修士(経営学)

学歴 神奈川大学経営学部卒
神奈川大学大学院経営学研究科修士課程修了
神奈川大学大学院経営学研究科博士後期課程単位取得満期退学

担当科目 非営利組織論、非営利組織マネジメント論、公共マネジメント論、公共非営利戦略論、専門演習I・II、公共マネジメント入門

所属学会 実践経営学会、非営利法人研究学会、日本NPO学会、組織学会、経営倫理学会、社会福祉学会、経営教育学会など。

専門分野 公共・非営利組織論

研究業績報告書 2016年度研究業績(川野祐二)

主な研究テーマ 公共・非営利組織の経営と歴史に関する研究。科学技術と社会に関する研究。経営体のガバナンス研究。

主な研究業績
  • 川野祐二「NGOの技術協力と地球環境問題」、中山茂・後藤邦夫・吉岡斉編『通史・日本の科学技術[国際期]5-Ⅱ』、第9部第4章、学陽書房、pp.976-988、1999年
  • 中山茂・川野祐二「アジアへの技術移転」、中山茂・後藤邦夫・吉岡斉編『通史・日本の科学技術[国際期]5-Ⅰ』、第1部第7章、学陽書房、pp.210-224、 1999年
  • 川野祐二「大物篤志家から企業フィランソロピーへ-社会貢献組織の系譜(前編)」『月刊公益法人』33(12)、全国公益法人協会、pp.12-18、2002年
  • 田尾雅夫・川野祐二編著『ボランティア・NPOの組織論-非営利の経営を考える』学陽書房、2004
  • 河口弘雄編著・川野祐二著『NPOのマネジメント』産能大学、2004年
  • 川野祐二翻訳「変革の可能性」、S.M.オスター(河口弘雄監訳)『NPOの戦略マネジメント-理論とケース』第11章、ミネルヴァ書房、2005年
  • 川野祐二「結社型による近代報徳運動の発展と組織運営に関する研究序論」『非営利法人研究学会誌』pp.115-130、2007年
  • 川野祐二「新しい公共と「公共マネジメントのすすめ」」『非営利法人』No,787、全国公益法人協会、pp.2-3、2010年
  • 川野祐二「公共マネジメントへの誘い-公共を動かすのは誰か」『月刊公益法人』44(3)、全国公益法人協会、pp.12-15、2011年
  • 編集代表=吉岡斉、企画委員(編集委員兼任)=塚原修一・中山茂・後藤邦夫・綾部広則・川野祐二『〔新通史〕日本の科学技術-世紀転換期の社 会史/1995年~2011年』全4巻(8部構成)+別巻、原書房、2011年9月~2012年3月刊行
  • 川野祐二「NPOの動向と公益法人改革」、編集代表=吉岡斉、企画委員=塚原修一・中山茂・後藤邦夫・綾部広則・川野祐二『〔新通史〕日本の科 学技術-世紀転換期の社会史/1995年~2011年(【第3巻】第6部◇ジェンダーと市民活動〔編集〕桑原雅子・川野祐二)』pp521-531、原書房、 2011年10月
  • 川野祐二「消費者運動と欠陥商品問題」、編集代表=吉岡斉、企画委員=塚原修一・中山茂・後藤邦夫・綾部広則・川野祐二『〔新通史〕日本の科 学技術-世紀転換期の社会史/1995年~2011年(【第3巻】第6部◇ジェンダーと市民活動〔編集〕桑原雅子・川野祐二)』pp551-567、原書房、 2011年10月
  • 川野祐二「近代市民運動の拡大戦略-報徳結社の経験」『実践経営学研究No,3』実践経営学会、2011年10月、pp59-66
  • 川野祐二「災害ボランティアの活躍と民セクターの発展-1.17から3.11へ」、編集代表=吉岡斉、企画委員=塚原修一・中山茂・後藤邦夫・綾部広 則・川野祐二『〔新通史〕日本の科学技術-世紀転換期の社会史/1995年~2011年(【別 巻】総説)』pp199-223、原書房、2012年3月

  • など

    ホームページ

    電子メール 非公開