ホーム > 大学概要 > 教育情報の公表(法定事項) > 研究者(教員)情報

研究者(教員)情報

重田 美咲 (しげた みさき)

職位 経済学部 准教授

学位 教育学博士(広島大学)

学歴 広島大学大学院教育学研究科博士課程後期(文化教育開発専攻)修了

担当科目 日本語(B、D、F、H)、日本語実習(f、l)、基礎演習、教養演習

所属学会 日本語教育学会、専門日本語教育学会、留学生教育学会、リメディアル教育学会

専門分野 日本語教育

研究業績報告書 2016年度研究業績(重田美咲)

主な研究テーマ 「専門日本語教育」
経済学を学ぶ留学生のための日本語教育がどうあるべきか、どのような日本語をどのように学べば専門の学習にスムーズに移行することができるのかを研究しています。

私の授業 学部生対象の日本語の授業では経済学を学ぶ大学生として必要な日本語能力や学習スキルを高めていくことを目指しています。交換留学生対象の日本語クラスでは、様々な角度から「日本」について学んでいくことを目指し、インタビューやプレゼンテーションを取り入れた授業を行っています。
演習の授業では、日本人学生にも今まで気づかなかった「日本」を発見して視野を広げてもらいたいと思っています。

主な研究業績
  • 「基礎日本語学習者のための「日本事情」―大学1年生を対象とした場合―」,『日本語教育』131号,pp.41-49,2006年.
  • 「専門日本語口頭運用能力に関する一考察-工学を専門とする大学院留学生の口頭発表に着目して-」,『専門日本語教育研究』9号,pp. 43-48,2007年.
  • 「工学系研究室における博士課程留学生の生活調査」,『専門日本語教育研究』10号,pp.35-40,2008年.
  • 「工学系大学院留学生の「正統的周辺参加」と日本語学習」,『広島大学教育学研究科紀要』第2部第57号,広島大学大学院教育学研究科,pp. 255-262, 2008年.
  • 「外国出身の母親の子育てに関する探索的調査-保育園・幼稚園児を持つ母親の日本語?使用を中心に-」,『下関市立大学論集』第58巻第2号,pp.141-147,2014年.
  • 「留学生のための経済の基礎的専門語」習得に関する一考察―大学入学直後の日本人学生と中国人留学生を比較して」(共著),『下関市立大学論集』第59巻第3号,pp.127-138,2016年.
  • 「経済学を学ぶためのレディネスに関する一考察-大学入学直後の日本人学生と中国人留学生を比較して-」(共著),『下関市立大学創立60周年記念論集』,pp.185-194,2017年.

  • ホームページ

    電子メール shigeta@shimonoseki-cu.ac.jp